アリラン3号、日本のロケットで打ち上げの見通し

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
アリラン3号、日本のロケットで打ち上げの見通し
【大田30日聯合】2011年8月に打ち上げ予定の多目的実用衛星「アリラン3号」が、日本のH2Aロケットで打ち上げられる見通しだ。航空宇宙研究院のリュ・ジョンジュ研究部長が、30日に開かれた航空宇宙関連のセミナーで明らかにした。これは最近開催された多目的実用衛星3号開発推進委員会の会議結果によるもの。これまでロシアに頼ってきた韓国の宇宙開発事業が、日本などほかの国へと多角化することになりそうだ。

 日本は昨年9月にこのロケットで月周回衛星「かぐや」を打ち上げているが、自国以外の実用ロケット市場での打ち上げ実績はない。このほど終わったアリラン3号打ち上げ業者の入札には、H2Aロケットを製造する三菱重工業とロシア企業が参加し、三菱重工業はロシアの半分程度の金額を提示したとされる。

 航空宇宙研究院関係者によると、最終的には教育科学技術部など政府としての決定が必要だという。

 アリラン3号は、朝鮮半島の精密地上観測など国の映像情報需要を受け、2004年から2872億ウォンを投じ製造が進められてきた。現在は本体の詳細設計段階にある。

2008/10/31 09:34配信  Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.