丹陽・温達のオープンセット、ロケ地として好評

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
丹陽・温達のオープンセット、ロケ地として好評
丹陽・温達のオープンセット、ロケ地として好評
「淵蓋蘇文」のオープンセット=(聯合)
【丹陽30日聯合】忠清北道丹陽郡永春面の温達観光地に作られたオープンセットが、ドラマロケ地として人気を集めている。

 丹陽郡によると、同所では先月26日からSBSドラマ「一枝梅」の撮影が行われているほか、2006年10月から昨年7月にかけてはSBS大河ドラマ「淵蓋蘇文」、昨年9〜11月にはMBC歴史ドラマ「太王四神記」の撮影がそれぞれ行われた。



 セットは50億ウォン(約5億円)を投じ、約1万3000平方メートルの敷地に建設された。周辺には温達山城や温達洞窟など高句麗時代の文化を感じられる遺跡が点在しており、郡関係者は、広報ポスターやドラマCDを通じて温達観光地の認知度を高め、観光客を誘致したいと意欲を示している。

2008年6月30日16時39分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.