下半期成長率が3%台になる可能性も、韓銀関係者

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
下半期成長率が3%台になる可能性も、韓銀関係者
【ソウル24日聯合】下半期の経済成長率が3%台に落ち込む可能性があるとの見方が、韓国銀行周辺から挙がっている。

 韓国銀行は来月初めに下半期の経済見通しを発表し、年間経済成長率予測値を修正、発表する予定だ。同行は昨年12月、今年の成長率は上半期が4.9%、下半期が4.4%で年間では4.7%を記録すると予測した。こうした見通しは1バレル当たりの国際原油価格(導入単価ベース)を81ドルとして算出したものだが、5月末ベースで原油の平均導入単価が98.13ドルに達し、6月まで含めると100ドルを超えるとみられていることから、見通しの修正は避けられなくなっている。

 韓国銀行が24日に明らかにしたところによると、今年の年間経済成長率は4%台中盤となる可能性が高い。李成太(イ・ソンテ)総裁も5月の金融通貨委員会後の記者懇談会で、年間の成長率は4.5%またはそれ以下になるとの見通しを示している。

 しかし、下半期に限ると成長率は3%台まで落ち込むとの見方も台頭しつつある。第1四半期の成長率が前年同期比5.8%と非常に高かった上、第2四半期も原油価格が大幅に上昇し、6月には貨物連帯のストライキなどで輸出に一部狂いが生じたものの、全般的に見ると成長率はさほど悪くないものと予測されている。こうしたことから、上半期の成長率が5%を維持し年間成長率予測が4.5%とすると、下半期には3%台に鈍化する可能性もあるとの説明だ。

 韓国銀行関係者は、第1四半期に成長率が高かったのは昨年第1四半期の成長率が低かったためだと話す。一方で昨年下半期には5%台の高い成長をみせ、基底効果を考慮すると今年下半期の成長率は低くなるほかないと説明している。ただ、基底効果から成長力は維持されるというのが同行の立場だ。

 韓国銀行は国際原油価格がバレル当たり110~120ドル水準を保てば、下半期の成長率も予想より大きく鈍化することはないとみている。同行関係者は、原油価格が高水準を維持しても、上昇速度が速まるか緩やかになるかによって経済の見通しは変わり得ると説明している。

2008/06/24 09:28配信  Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.