首席秘書官内定の鄭鎮坤氏、論文問題で発令保留要請

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
首席秘書官内定の鄭鎮坤氏、論文問題で発令保留要請
首席秘書官内定の鄭鎮坤氏、論文問題で発令保留要請

授与式のようす。鄭正佶新大統領室長に任命状を手渡す李明博大統領=23日、ソウル(聯合)

【ソウル23日聯合】青瓦台(大統領府)の教育科学文化首席秘書官に内定している鄭鎮坤(チョン・ジンゴン)氏が23日、自身の論文重複掲載をめぐる議論を受け、首席発令を保留するよう求めた。李東官(イ・ドングァン)報道官が会見で伝えた。

 鄭氏は大学教授在職時に執筆した論文のうち、一部を学術誌や教育関連の月刊誌などに重複して掲載したことが分かっている。鄭氏は、今回の件で新大統領室内部に問題があるかのように見えれば任命権者に迷惑がかかるとの理由から、関連学界で公正な判断が下るまで首席発令を保留するよう申し出たという。このため、同日行われた新任大統領室長・首席への任命状授与式には参加しなかった。

 鄭氏は、解明資料を通じ、「月刊誌などに寄稿する際は重複掲載について深く考えなかったが、いずれにせよ清廉に行動できず申し訳ない」と述べた。「今回の件はよく言う論文盗作でも、良心に照らして恥ずかしいことでもない」としながらも、物議を呼んだことに謝罪の意を示している。

2008/06/23 14:38配信  Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.