Q1の交易条件指数、四半期ベースで過去最低に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
Q1の交易条件指数、四半期ベースで過去最低に
【ソウル22日聯合】韓国銀行が22日に発表した第1四半期の貿易指数および交易条件動向によると、第1四半期の純商品交易指数(2005年を100とする)は昨年末に比べ6.7%下げ80.5を記録した。統計を取り始めた1988年以降、四半期ベースでは最も低い。

 純商品交易条件指数は1単位の輸出代金で輸入できる量を意味し、80.5という指数は、2005年に1個を輸出し100個を輸入できたものが今年第1四半期は80.5個しか輸入できなかったことを示す。同指数が悪化したのは、原油など国際原材料価格の急騰に伴い輸入単価が大きく上昇した半面、輸出単価が下落したためで、昨年第2四半期92.2、第3四半期90.5、第4四半期86.3と、下落傾向が続いている。

 輸出単価は石油製品(9.8%)と軽工業製品(2.8%)が前四半期に比べ上昇したが、主力輸出品目の半導体や鉄鋼製品など重化学工業製品の単価は3.4%下落し、全体としては1.9%の下落となった。一方、輸入単科は原油など原材料や穀物など消費財を中心に、前四半期に比べ5.2%上昇した。

2008/05/22 11:19配信  Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>