ハイニックス無錫工場停電、数千億ウォンの被害予想

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ハイニックス無錫工場停電、数千億ウォンの被害予想
【ソウル20日聯合】ハイニックス半導体は20日、中国・江蘇省の無錫DRAM工場で19日に停電が発生し、現在まで稼動を中断していると発表した。停電は現地時間19日午前11時30分にDRAM生産ラインC1・C2で発生した。電力供給は20日午前2時50分ごろ再開されたものの、まだ稼動はしていない。停電原因は、工場に電力を供給している外部発電所の送電施設に問題が生じたため。

 無錫工場はDRAM専門生産施設で、生産量はウエハー投入基準でC2ラインが毎月12インチ10万枚、C1ラインが8インチ6万枚。ハイニックスのDRAM生産能力全体の45%を超えると伝えられる。

 同社関係者は、工場内部施設に故障はなく、被害もさほど大きくないと話している。停電と同時に非常電力供給システムが作動したため、ウエハーの被害もほとんどなかったという。生産ラインの正常稼動には2日ほどかかるとの見通しを示している。

 しかし業界では、現状では正確な被害額を把握できないとしながらも、この停電によるハイニックスの売り上げへの支障は最大で数千億ウォン台に上ると見ている。通常、ライン稼動が中断された場合、完全な復旧までには数日、長くて数週間かかる。特に半導体は超精密工場で生産されるため、適正温度や湿度など快適な状態でなければ収率を上げることができず、電力が復旧してもただちに稼動を再開することは不可能だ。また、突然の停電で精密な整備に無理が生じた可能性もある。

 ある証券アナリストは、無錫工場再稼動までに1週間かかったと仮定すると、生産量ベースで5月は26%、四半期別では8%ほどの支障が生じ、被害金額が2000億ウォン前後に達する可能性があると話している。

2008/05/20 14:00配信  Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>