国内建設4社、クウェート精油プラント工事を受注

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
国内建設4社、クウェート精油プラント工事を受注
【ソウル12日聯合】GS建設、SK建設、現代建設、大林産業の建設4社が、総額83億ドルに上るクウェート最大の精油プラント建設事業を単独、または企業連合で受注した。

 建設業界や外信が12日に伝えたところによると、これらはクウェート国営の石油会社KNPCが発注したアルズール第4精油プラント工場の4つの工事。この工場は日量61万5000バレルの精油を生産するプラント団地で、全体を5つに分けて発注したが、今回はこのうち4つの入札が実施された。クウェート政府が総額150億ドルの予算を取って建設する大規模な工事として、米国、フランス、イタリアなど10カ国以上の建設会社が狙っていた。

 GS建設は日本の日揮と企業連合を組み、40億ドル規模の本工事を受注した。これは常圧蒸留と脱硫施設を設置する中核工程で、最も規模が大きい。総額20億6000万ドルとなる水素回収、圧縮・生産工場、硫黄回収工場などを新設する工事は、SK建設が受注した。国内建設会社が単独受注した工事としては最大規模となる。大林産業は10の企業連合と争った末、11億8400万ドルの油類貯蔵設備(タンク施設)を、現代建設は11億2000万ドル規模のふ頭接岸施設など海岸工事を請け負うことになった。

 工事は早ければ今月中に着工、2012年上半期ごろ完工する予定だ。これらの工事が完了すれば、クウェートの精油生産能力は現在の日量90万バレルから約150万バレルへと大幅に拡大する。

 今回、韓国企業が海外大型工事の受注に成功したのは、優秀な技術力を支えに発注元とのつながりを強める一方、入札金額を競合企業より低く抑えたためと、業界は分析する。建設業界関係者は、すでに第1四半期だけで海外で140億ドルの工事を受注するなど好調なうえに83億ドル分の工事を獲得したことで、海外建設の年間受注目標450億ドルは十分達成できると期待を示している。

2008年5月12日15時30分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.