拡散続く鳥インフル、政府が治療剤の備蓄量を2倍に

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
拡散続く鳥インフル、政府が治療剤の備蓄量を2倍に
【ソウル10日聯合】拡散を続ける鳥インフルエンザへの対策と関連し、政府が総理室傘下に作業班を構成して総合対策の策定に乗り出す。李明博(イ・ミョンバク)大統領主宰で10日に行われた関係長官会議で決定されたもので、青瓦台(大統領府)が伝えた。

 政府はひとまず、鳥インフルエンザ拡散を防ぐため汚染された家きん類の移動統制や消毒などの防疫対策を強化するとともに、不正食品の流通遮断を含む総合的な食品安全対策を整えることにした。人体感染の予防に向けては鳥インフルエンザワクチンを十分に確保し、全国60か所の総合病院、600か所の小児科病院・保健所と連携したモニタリングシステムを通じて徹底的な監視を行う。政府は現在、国民の2.5%に当たる125万人分の治療用抗ウイルス製剤を備蓄しているが、これを250万人分に増やし、予防と事後対策を講じていく。

 李大統領は会議で、安全な食品に対する国民の要求が高いだけに不正食品の流通遮断が急がれるとし、市・道と共同で大々的な取り締りを行うよう指示した。また、最初に鳥インフルエンザが発生した全羅北道地域などは状況が鎮静化したが、首都圏の小規模兼業農家で新たに発症しているとし、小規模なだけに家きん類の移動統制を徹底し、人体感染の予防対策を整えるべきだと強調した。殺処分に関わった1万3000人のうち感染者は1人もいないと述べ、国民にきちんと説明するよう促している。

2008年5月11日11時53分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.