韓国の経済成長は4%に鈍化、フィッチ見通し

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国の経済成長は4%に鈍化、フィッチ見通し
【ソウル9日聯合】格付け機関のフィッチ・レーティングスが9日、韓国経済について「今年の成長は鈍化し、インフレが加速化する」と見通した。

 アジアのソブリン・グループ総括責任者、ジェームス・マコーマック氏がサムスン証券が主催する「第5回サムスン・グローバル・インベスターズ・コンファレンス」に出席し述べたもので、今年の国内総生産(GDP)増加率は昨年(4.9%)を下回る4.0%とした。その上で、6%台のGDP増加率は成長初期に可能なものであり、今後、韓国が持続して6%台の成長を達成することは困難だとの見方を示した。財政収支についても、黒字は計上するが黒字幅は減少すると予測した。

 マコーマック氏はまた、韓国経済が直面した挑戦として、経済見通し悪化、インフレ、対外債務の増加を挙げた。李明博(イ・ミョンバク)政権に対する国会の支持は絶対的なものではなく、政策の不確実性が依然として大きいことも考慮する必要があるとし、現政権が掲げる「小さい政府」論も、政府主導型の経済と相反していると指摘した。

 このほか、米国経済の鈍化と国際投資家のリスク志向の鈍化、インフレ圧力に弱いアジアの地域として、シンガポール、香港、ベトナム、台湾に次いで5番目に韓国の名を挙げた。ただ、韓国も米国経済の影響を受けるものの、GDPに対する対米輸出の割合が5%と相対的に低く、打撃はさほど大きくないだろうとしている。

 韓国の格付けについては、依然として堅調な「Aプラス」を維持していると述べた。金融危機を経験したことを考慮すると、ほぼ完璧に近い程度に回復していると評価した。

2008/05/11 8:24配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.