「北朝鮮とシリアが核協力」ホワイトハウスが声明

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「北朝鮮とシリアが核協力」ホワイトハウスが声明
【ワシントン24日聯合】米ホワイトハウスは24日、北朝鮮とシリアの核協力疑惑と関連し、「米国は多様な情報を基に、北朝鮮がシリアの秘密の核活動に協力したと確信している」との声明をペリノ報道官名義で発表した。

 声明は、昨年9月6日に修復できないほどに損傷を受けたシリアの原子炉は平和的目的に向けたものではなかったと信じているとし、米国は長期にわたり北朝鮮の核開発計画と核拡散活動を深く懸念してきたが、北朝鮮とシリアが秘密裏に核協力してきたことは、そうした活動が危険な形で表われたものだと指摘した。また、「米国がこの問題を扱うために選んだ方法のひとつが6カ国協議という枠だった。北朝鮮のこうした活動とその他核活動が終息するよう、米国は6カ国協議で厳格な検証メカニズムを立てていく」とした。

 これに先立ち、米中央情報局(CIA)のヘイデン長官は同日、上院・下院の情報・軍事・外交委員会所属議員を対象に、両国の核協力疑惑に関し非公開の個別会見を行っている。ワシントン・ポストやCNNなど米主要メディアは、会見には昨年9月にイスラエル空襲で破壊される前の、シリアの核施設内部を収めたビデオテープの公開も含まれていたと伝えた。テープに収められたシリアの原子炉は北朝鮮の寧辺核施設に似ているほか、北朝鮮側関係者の姿も映っているという。ただ、これに対しムスタファ駐米シリア大使は「それは空想だ。米政府は他国(イラク)の大量破壊兵器(WMD)について話をねつ造した記録がある」と強く反発している。

 米政府が北朝鮮とシリアの核協力疑惑を規定の事実化としたことで、先のシンガポール米朝協議での合意を機に妥結の気配をみせていた北朝鮮核交渉は、新たな局面を迎える見通しだ。特にヘイデン長官の会見後、議会内では北朝鮮核交渉をめぐる気流が否定的になっており、政府は核開発申告交渉に関し議会の同意を得難い状況に立たされそうだ。

 一方で、バーマン下院外交委員長は「北朝鮮とシリアの核協力は米国を不安にさせるものだが、北朝鮮との対話を遅らせる理由にはならない」とする声明を出している。むしろ北朝鮮が核兵器の製造と核開発計画を永遠に中断するよう検証可能なメカニズムを主張することが、なぜ重要なのかを示しているとの指摘だ。過去1年間余り、米政府は6カ国協議を通じ朝鮮半島非核化に向けたステップを踏んできたが、米国はこの道を歩み続け、北朝鮮がそこから外れないようにする必要がある」と6カ国協議の継続論を強調した。

2008/04/25 10:40配信  Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.