横領罪などで起訴の申貞娥氏に懲役1年6月の判決

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
横領罪などで起訴の申貞娥氏に懲役1年6月の判決
【ソウル31日聯合】ソウル西部地方裁判所は31日、学歴詐称や美術館公金横領などの罪で拘束起訴された申貞娥(シン・ジョンア)被告に懲役1年6月を言い渡した。また、個人寺院に特別交付税を支援するよう圧力をかけた職権乱用による権利行使妨害などの容疑でともに拘束起訴された、元青瓦台(大統領府)政策室長の卞良均(ピョン・ヤンギュン)被告に対しては、懲役1年、執行猶予2年、社会奉仕160時間を宣告した。

 裁判所は判決文を通じ、「申被告は虚偽の学歴を用いて光州ビエンナーレ芸術監督に就任し、学位証明書を偽造して東国大学教授に任用された点が認定されたほか、省谷美術館の学芸室長在職時に公金を横領した容疑も認定される」と述べた。卞被告については、「蔚山市蔚州郡の興徳寺に特別交付税を支援するよう圧力を行使するなど、企画予算処長官在職時に職権を乱用し、権利を行使した点が認定される」とした。

 一方、申被告が東国大学教授に推薦される際、卞被告が学歴詐称などを共謀した疑いについては、「2人は恋人同士だっただけで、2人の間には経済的支援がなかったため共謀とはみなし難い」と述べた。

2008年3月31日14時29分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.