都市・国策銀8行に課徴金、手数料談合で摘発

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
都市・国策銀8行に課徴金、手数料談合で摘発
【ソウル30日聯合】公正取引委員会は30日、都市・国策銀行8行を手数料談合の疑いで摘発し、是正命令と総額95億9300万ウォンの課徴金賦課を決めたと明らかにした。

 摘発されたのは国民銀行、新韓銀行、ウリィ銀行、ハナ銀行、外換銀行、SC第一銀行、中小企業銀行、韓国産業銀行。これら8行は、2002年10月に金融監督院が信用状開設金額の一定部分を貸倒償却費として積み立てるようにしたのを受け、貸倒償却費が会計上損失として表記される点を利用し、バンク・ユーザンス引受手数料を設け、信用状金額の0.4%を賦課するよう談合した。バンク・ユーザンス引受手数料は、銀行が信用状開設後、他銀行がこの信用状を買い取る場合に、輸入者から追加で徴収する手数料を指す。

 また、国民、新韓、ハナ、外換、中小企業の5行は、2002年4月に輸出者に賦課する荷為替手形の買取手数料を1件当たり2万ウォンで新設することで合意した。

 これら銀行が手数料新設で徴収した総額は、バンク・ユーザンスが1574億ウォン、荷為替手形が384億ウォンに達する。

2008年3月30日15時53分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.