シャトル外交再開に向け協力、韓日次官級戦略対話

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
シャトル外交再開に向け協力、韓日次官級戦略対話
シャトル外交再開に向け協力、韓日次官級戦略対話

握手を交わす趙重杓第1次官(右)と谷内外務事務次官=8日、ソウル(聯合)

韓日両国は8日にソウルで第5回次官級戦略対話を開催し、韓日関係増進案をはじめ北朝鮮核問題、北東アジア情勢など、相互の関心事について意見を交わした。

 外交通商部によると、首席代表を務めた同部の趙重杓(チョ・ジュンピョ)第1次官と日本の谷内正太郎・外務事務次官は、李明博(イ・ミョンバク)政権の発足を機に両国関係を相互尊重・理解を土台とする成熟した同伴者関係に発展させることで認識を同じくし、具体的には高官クラスの交流制度化、経済・文化・人材交流拡大などに向け緊密に努力していくことで合意した。特に現在中断されている、首脳の相互訪問による「シャトル外交」再開や年内の両国首脳の相互訪問実現などを通じ、韓日首脳間の交流を活性化することで意見が一致したという。

 北朝鮮核問題については、無能力化措置に関し昨年1年間で具体的な進展があったことを評価するとともに、北朝鮮が早期に核開発計画申告を行い、非核化2段階措置が完了するよう協力を続けることにした。また、北東アジアに平和と共同繁栄の秩序を築くため、韓日米はもちろん韓日中での相互協力体制を強化するとしている。

 両国はあわせて、対日貿易赤字など両国の経済懸案を話し合う包括的な協議体を結成し、韓日自由貿易協定(FTA)交渉再開問題なども検討する。大学生、地方間の交流などの人材交流拡大や文化交流増進なども進めていく計画だ。

 韓日次官級戦略対話は、両国が懸案協議を超え地域や国際問題をより大きな枠組みの中で論議し、協力していこうとの趣旨で2005年10月に始まったもので、今回で5回目を迎える。谷内次官は戦略対話を終えた後、外交通商部の宋旻淳(ソン・ミンスン)長官を表敬訪問し、韓国の新政権発足など状況変化に伴う関係発展策について意見を交わした。



Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2008/01/09 09:24配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.