北朝鮮の核関連申告の不履行、米国務省が遺憾表明

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮の核関連申告の不履行、米国務省が遺憾表明
米国務省は30日、北朝鮮の核廃棄に向けた第2段階措置の履行期限が31日に迫っているにもかかわらず、北朝鮮が依然として核開発計画の申告をしていないことに遺憾の意を表明した。ケーシー副報道官は声明を通じ、「北朝鮮が核開発計画に対する徹底かつ正確な申告という約束を履行しないまま、無能力化の手順を遅らせれていることは遺憾」と述べた。北朝鮮に対し、あらゆる核兵器と核開発計画、核拡散活動について正確に全面申告し、合意に沿って核施設の無能力化を完了させるよう強く求めた。また、米国は韓国と中国、日本、ロシアの6カ国協議当事国と緊密な協力を続けており、6カ国協議合意に基づく米国の義務を忠実に履行するとした。





Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
2007年12月31日10時30分配信

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.