韓日中が3カ国の投資協定・FTA問題を協議

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓日中が3カ国の投資協定・FTA問題を協議
韓国と日本、中国は19日、3カ国間の投資協定と自由貿易協定(FTA)について協議した。

 外交通商部の通商交渉本部が20日に明らかにしたところによると、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓日中)首脳会議などのためシンガポールを訪れている金宗フン(キム・ジョンフン)通商交渉本部長は、日本の甘利明経済産業相、中国の廖暁淇商務次官と経済相会合を開いた。韓日中はその席で、年初に交渉が始まった3カ国間投資協定の妥結と、経営環境の透明性を高めることを目的にしたビジネス環境改善行動計画の早期公表に向け、努力することを確認した。また、来年にもFTA民間共同研究を推進することで合意したほか、世界の物流量の35%を占める3カ国の協力強化を目指し、流通・物流に関する第2次報告書を速やかに完成させることにした。

 一方、金本部長は19日、ASEANと通商問題を協議するためシンガポールを訪れた米通商代表部(USTR)のシュワブ代表とも会談し、韓米FTAの批准問題などを話し合った。この席でシュワブ代表は、米国産牛肉の輸入問題を早期に解決する必要があるとの立場を改めて示した。これに対し金本部長は、「牛肉問題は国民の健康と関連する問題で、両国の検疫当局が技術協議を通じ科学的な根拠と国際基準を総合的に考慮し、互いが受け入れられる方向で解決すべき」という韓国の立場を説明した。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/11/20 13:20配信  最終更新:2007/11/20 13:21


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.