南浦・海州など北朝鮮開発拠点に、土地公社報告書

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
南浦・海州など北朝鮮開発拠点に、土地公社報告書
韓国土地公社が、北朝鮮の南浦、海州、咸興、元山、新義州、羅津、先鋒の6地域を北朝鮮開発の中核拠点として造成すべきとする研究報告書を作成していたことがわかった。土地公社の金在ヒョン(キム・ジェヒョン)社長は、来月2日から開かれる第2回南北首脳会談で特別随行員の一員として訪朝するが、こうした研究結果が首脳会談で話し合われるか、関心を集めている。

 土地公社が28日に明らかにしたところによると、これは昨年の年次研究課題に選ばれたもの。北朝鮮を体系的に経済開発する方策がテーマで、開発中核拠点とする6地域の開発に必要なインフラやコストなどを推算している。

 南浦は北朝鮮の産業潜在力が最も高い地域に挙げられた。港湾、鉄道、道路のインフラに優れ50社以上の企業が集まっているため、国際ビジネスと先端技術産業団地を造成する必要があると分析している。海州は韓国と中国に地理的に近く、輸出主導型の軽工業と電機・電子・半導体の産業団地を造成する案が提示された。ただ大々的なインフラ拡張が必要だと指摘した。咸興は鉱物資源が豊富で熟練した労働力があるため資源中心の重化学工業拠点に、新義州は中国・東北3省との貿易拠点に造り上げるべきだとしている。こうした開発計画の実行には、10兆ウォン以上のコストがかかるとの見通しが示された。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/09/28 11:21配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.