政府が「取材支援先進化案」の修正案を発表

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
政府が「取材支援先進化案」の修正案を発表
政府は会見室の統廃合問題について、統合会見センターの設置は強行する一方、公務員を取材する際には広報官室と事前協議するとした条項など、問題視されていた内容を大幅に削除することを決めた。

政府は14日、韓悳洙(ハン・ドクス)首相と金蒼浩(キム・チャンホ)国政弘報処長が会見と記者懇談会を開き、「取材支援先進化案」をめぐる論戦についてメディアと市民団体、政界の意見を全面的に受け入れ、こうした方向で「取材支援に関する基準案(首相訓令)」を修正することにしたと正式に発表した。首相訓令を修正すると同時に、長官や次官、報道官による会見を活性化し、政府機関の情報公開を強化する方針も固めた。メディアと市民団体、政府が共同協議を進めている情報公開法改正を早期に終えるほか、メディア市民団体が要求する内部告発者の保護策も、腐敗防止法改正で反映することにした。

 韓首相は懇談会で、「取材支援の先進化案は趣旨は良かったが、執行過程で互いに誤解があり、メディア団体との間で合意点を見出せなかった」と述べた。大統合民主新党が前日に合理的な意見を政府に提案したことから、これの大幅受け入れを決めたと説明した。

Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
2007/09/14 21:05配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.