大企業引退のCEO、取引企業のサポート役に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
大企業引退のCEO、取引企業のサポート役に
サムスンやLGグループなどで活躍してきた元最高経営責任者(CEO)らが、退職後に中小企業のサポート役として取引企業の力になっている。

全国経済人連合会(全経連)によると、中小企業経営諮問奉仕団が14日に慶尚北道・亀尾の慶北中小企業総合支援センターで、大企業の取引企業をはじめとするサービス、観光、建設など多様な部門の中小企業35社との経営諮問相談会を開いた。経営諮問奉仕団は全経連の中小企業協力センター下に発足した組織。

相談会に出席した中小企業は今後、経営諮問奉仕団が運営する非常勤顧問制度を活用し、諮問委員とビジネスメンタリングを結ぶ予定だ。ビジネスメンタリングとは諮問委員がメント(Mentor)、企業がメンティ(Mentee)となり、6か月から1年余りにわたり、マーケティングや人事労務、資金管理、技術など経営の全分野に対し総合的な諮問を行い、中小企業のCEOが認識している経営問題はもちろん、把握できていなかった問題まで診断し、企業力の強化と競争力アップを達成するというもの。

Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
2007/09/14 15:48配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.