国内建設業評価、大宇建設が2年連続トップ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
国内建設業評価、大宇建設が2年連続トップ
建設交通部が30日に明らかにしたところによると、全国の一般建設業者1万1530社、専門建設業者3万5329社を対象に工事業績、経営状態、技術能力、信任度を評価した結果、総合的な施工能力評価額は大宇建設が7兆6635億ウォンでトップとなった。昨年、会社設立以来初めて頂上に上った同社が、今年もその座を維持した。

 総合施工評価2位は昨年と同じくサムスン物産(6兆8153億ウォン)で、GS建設(6兆1602億ウォン)が1ランク上がり3位、現代建設(6兆1189億ウォン)が4位に落ちた。大林建設、ポスコ建設、現代産業開発、ロッテ建設、SK建設、錦湖産業など、トップ10を構成する企業は昨年と変わらなかった。

 部門別トップ5は、工事業績がサムスン物産、現代建設、GS建設、大宇建設、ポスコ建設。経営が大宇建設、現代産業開発、大林産業、サムスン物産、GS建設。技術能力が大宇建設、現代建設、GS建設、サムスン物産、大林産業。信任度が現代建設、大宇建設、サムスン物産、GS建設、大林建設となっている。

 施工能力評価制度は、発注者が適正な建設業者を選定できるよう評価を公示するもの。発注者は施工能力不足の業者に対し入札を制限することができるほか、調達庁の等級別有資格者名簿制、請負下限制などの根拠として活用されている。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/07/30 14:26配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.