大企業4大卒新入社員の初年俸、2747万ウォン

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
大企業4大卒新入社員の初年俸、2747万ウォン
大手30グループの4大卒新入社員の平均年俸は2747万ウォンだった。年俸情報提供会社のペイオープンが28日、30グループに属する421社を対象に職位別年俸を調査した結果を明らかにした。短大卒は2300万ウォン、高校卒は2061万ウォンだった。



 職位別年俸は、代理クラスが3601万ウォン、課長クラスが4434万ウォン、次長クラスが5273万ウォン、部長クラスが6120万ウォンだった。職位間の年俸引き上げ幅は、社員から代理への昇進時が31.0%と最も高く、代理から課長が23.1%、課長から次長が18.9%、次長から部長が16.0%と続いた。



 4大卒ベースの初年俸が最も高かったのは現代重工業の3583万ウォンで、次いで韓国土地公社(3200万ウォン)、韓国電力公社(3145万ウォン)、斗山グループ(3122万ウォン)、大宇造船海洋(3100万ウォン)、KT(3020万ウォン)などとなった。一方、最も低かったのは韓国鉄道公社の2171万ウォンで、CJ(2339万ウォン)、新世界(2365万ウォン)、東国製鋼(2412万ウォン)、ハイトビール(2450万ウォン)と続いた。





Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.



2007年2月28日19時53分配信


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.