憲法改正案の発議、3月下旬になる見通し

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
憲法改正案の発議、3月下旬になる見通し
青瓦台(大統領府)は26日、大統領制を1度だけ再選可能な任期4年制に改める憲法改正案の発議時期について、当初予定していた来月初めから下旬に先送りすると明らかにした。

青瓦台の尹勝容(ユン・スンヨン)広報首席秘書官が定例会見で伝えた。当初は臨時国会の閉会直後に憲法改正案を発議するとしていたが、実務準備過程において現実的に困難が生じたためと説明した。

尹秘書官によると、総理室傘下の改憲推進支援団が臨時国会の閉会後、来月7~9日ごろ憲法改正発議の試案を2~3案ほど公開し公聴会などを開催する。これを踏まえ、発議時期が3月下旬になるとの見通しだ。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007年2月26日19時17分配信


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.