韓国の海外投資は地域偏重、世界平均の4倍

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国の海外投資は地域偏重、世界平均の4倍
LG経済研究院が25日に発表した資料によると、2003年から2005年を基準に国内企業の海外投資における対象地域の偏りを指数で表すと2136となり、世界平均(497)の4倍に達することが分かった。日本の1045と比較しても高い数値となっている。

国内企業の海外投資の割合を地域別にみると、中国が39.8%、米国が21.9%、ベトナムが3.8%、香港が3.5%と、中国への依存度が非常に高い一方、中東やアフリカといった資源保有国への投資は振るわないのが実情だ。

研究院は、こうした偏りは中国やインド市場での先制攻勢といった効率的な側面もあるものの、投資リスクが拡大するだけでなく、新興市場のチャンス開拓という面ではマイナスに作用すると指摘した。市場の多様な機会に応じ緊密に対応すべきだとの主張だ。中国、インド、ロシア、ブラジル、べトナム、インドネシア、タイなどの新興市場では今後も高成長が続くとみられるがリスクも拡大していることから、チャンスとリスクを見極める必要があるとしている。

研究院は新興市場における具体的な投資リスク要因として、国際的な資金流動性縮小の可能性、資源や環境の制約による世界経済の成長限界への直面、中国が輸出中心から国内販売中心にシフトする可能性などを挙げている。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/02/25 17:28配信  最終更新:2007/02/25 17:29


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>