北朝鮮の計画経済に緩み、個人所得は増加

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
北朝鮮の計画経済に緩み、個人所得は増加
北朝鮮の計画経済が、2002年7月1日から実施されている「経済管理改善措置」以降に緩んでおり、国が住民の生存に責任を取れない状態になっているものの、個人の所得は増加していることが分かった。韓国銀行の金融経済研究院が昨年末に脱北者335人を対象に調査を行ったもので、23日に調査結果を明らかにした。

経済管理改善措置実施前の1997~1999年と、実施後の2004~2006年の生活状況を調べたところ、調査対象となった脱北者の42%が会社などに勤めていたが、所得に占める賃金の割合は措置実施前の7.5%から実施後に5.0%に、事業所得が91.1%から88.1%にそれぞれ縮小していた。北朝鮮で生活していた時に、会社に通っていた人は措置実施前の60.5%から実施後に52.5%に減少したが、籍だけ置いて出社していなかった人は39.5%から47.5%に増えていた。措置実施前と実施後の1人当たり所得は、5~6ドルから10~22ドルと大幅に増えており、1人当たりの月平均支出も実施前の5~6ドルから実施後は10~14ドルとなり、多少の余裕が生まれていた。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.



2007/02/23 19:48配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.