国内半導体メーカー、世界市場の成長に積極対応

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
国内半導体メーカー、世界市場の成長に積極対応
今年は世界半導体市場が前年比2けた増の過去最高の売上高が見込まれるのに対し、国内の半導体メーカーも生産能力拡充と新製品発売に積極的に取り組んでいる。

 サムスン電子は年内に半導体関連施設に総額5兆4400億ウォンを投資する計画だ。先月は8198億ウォンかけ、京畿道・華城工場のメモリ第15ラインのDRAM生産施設を増設、グレードアップした。9900億ウォンを投じ、第7~14ラインのDRAMとフラッシュメモリ生産施設も拡充や改善を図ることにしている。

 また、16ギガビットNAND型フラッシュメモリを第1四半期から量産し、68ナノの微細回路工程を用いたDRAM量産体制にも入るなど、生産性と競争力強化に努める方針だ。

 ハイニックス半導体も市場の需要に応えるため、生産能力の拡充とコスト競争力強化に乗り出す。中国・無錫工場で現在2万5000万位程度の300ミリメートルウエハの生産能力を8万枚まで増やすなど、国内外の施設投資に総額4兆4000億ウォンを投入する計画だ。昨年の80ナノに続き、今年上半期には60ナノDRAM量産を開始する。その一方で50ナノ工程の開発も完了させる予定だ。

 半導体業界や市場調査機関のアイサプライによると、今年の世界半導体市場の売上高規模は2858億ドルで、前年に比べ10.6%増えると予想される。有線通信分野が前年比18.2%、家電分野が10.3%、データ処理分野で5.8%の売上高成長が見込まれるという。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/02/23 9:16配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.