中高校生の制服購入問題、教育資源部が対策へ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
中高校生の制服購入問題、教育資源部が対策へ
毎年新学期間近になると学校制服の購入をめぐる問題が絶えないことに対し、教育人的資源部は、中学・高校の新入生は5月まで私服を着るようにさせ保護者の経済的負担を減らしたり、制服購入の際に必ず学校運営委員会の審議を経ることを検討するなど、対策作りに取り組んでいる。

 教育人的資源部は、一部の高い制服代が保護者の経済的負担を増やし社会的にも違和感を与えるなど制服に関する政策への不信が広がっているとし、全国16の市・道教育庁に「学制制服の共同購買活性化に向けた協調」という文書を送った。同部関係者が6日に明らかにしたところによると、文書では、制服を着用するかは各学校の方針に従うことで、学校ごとに学校運営委員会と保護者会、生徒会などの意見を取りまとめ、制服購入による保護者の負担を最小限に抑えるよう積極的な努力を求めたという。

 また、従来の制服選定は生徒と保護者、教師で構成する学校ごとの制服選定委員会でデザインなどを決める手続きだったが、これに学校運営委員会の審議を経させるなど、手続きの強化策も検討している。また、教育庁や学校側が制服メーカーや販売業者との懇談会を開くなどして、不正行為をなくす方向に持っていくことを勧めている。このほか、制服の共同購買に通常数か月の準備期間を要する点を考慮し、新入生に限り制服の着用を入学後2か月間は保留にし、夏服に衣替えする5月から制服を着用させること案も出している。成長期の生徒が冬服を着て1~2か月で衣替えし、数か月ごに冬服を再度新調するという負担に配慮したもので、制服の着用時期を調整するよう教育庁に勧告する計画だという。

 教育人的資源部の実態調査によると、1986年に学校ごとに制服着用を自主的に決定できるようにしてから2005年12月現在まで、中・高校生の96.5%に当たる4869校で制服を着用させている。制服の共同購買価格は17万9000ウォンから57万ウォンと学校により3倍の開きがある。また、大手メーカーの小売価格は20万~25万ウォンと、中小メーカーの12万~15万ウォンの2倍に達することもわかっている。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/02/06 13:09配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.