全国の港湾開発計画を縮小、60バースを削減

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
全国の港湾開発計画を縮小、60バースを削減
海洋水産部は28日の中央港湾政策審議会で全国港湾基本計画の修正計画と港湾周辺総合計画について議決した。海洋水産部は2001年に、全国の港湾別コンテナ取扱量予測結果を考慮し2011年まで全国の港湾に364バースを新たに建設する計画を打ち出した。しかし、港湾のコンテナ取扱量が当初予想を下回ることが予想されるうえ、コンテナ港のバース当たり取扱量が拡大したことから基本計画を見直した。



2011年まで新たに建設されるバースは、当初より60バース削減された304バースとなった。港湾別でみると、平沢・唐津港が19バース、光陽港が12バース、保寧港が9バース、釜山港が6バース、蔚山港と木浦港がそれぞれ5バースずつ、群山・長項港と大山港が3バース、仁川港が2バース削減される。



海洋水産部は、港湾開発を急がない代わりに港湾の競争力強化と安定的な取扱量確保に向け周辺地と交通網を拡充するなどして港湾と周辺地域の付加価値を高める方針だ。具体的には、全国の主要港湾に2015年まで国費1兆8377億ウォン、民間資本4兆4億ウォンを投じ614万坪の周辺地を開発するとしている。





Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.



2006年12月28日19時25分配信

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.