大晦日「除夜の鐘」、ソウル・普信閣で鐘つき行事

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
大晦日「除夜の鐘」、ソウル・普信閣で鐘つき行事
大晦日「除夜の鐘」、ソウル・普信閣で鐘つき行事
普信閣では11月から毎日正午に鐘を鳴らしている=2006(聯合)
新年の幕を開ける「除夜の鐘」の鐘つき行事が、31日午前0時を前後しソウル・鍾路の普信閣一帯で行われる。



 鐘つきには、ドーハ・アジア大会水泳で三冠王を達成し最優秀選手(MVP)に輝いたパク・テファン選手、国楽(伝統音楽)の保存と国楽活性化に寄与した李英熙(イ・ヨンヒ)韓国国楽協会理事長、積極的な寄付活動も行っている俳優のパク・サンウォンさんをはじめ、インターネットを通じ各界から選ばれた11人が参加する。行事の模様と祝賀公演は、31日午後10時55分から1月1日0時22分まで、普信閣特設ステージから生中継される。



 行事開催に合わせ、付近では交通規制が行われる。31日午後10時40分から1月1日午前0時30分まで、世宗路ロータリー〜鍾路2街ロータリー区間、広橋ロータリー〜安国ロータリー区間は車両通行止めとなる。ソウルメトロは全路線で運行時間を1日午前2時(終着駅基準)まで延長する。ただし普信閣最寄りの1号線鍾閣駅は停車せず通過する。市内バスも普信閣周辺を通る44路線で午前2時(普信閣地点通過基準)までの延長運行を行うが、行事会場区間を走る路線は迂回(うかい)運行する。





Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006年12月28日13時29分配信

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.