鄭東泳前議長「大統領の任期中断あってはならない」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
鄭東泳前議長「大統領の任期中断あってはならない」
米国を訪問中の開かれたウリ党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)前議長は29日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の任期関連発言について、大統領の任期中断や憲政中断は韓国の未来のためにはあってはならず、想像もできないことだと強調した。同日夕方、ワシントン特派員との懇談会で述べた。



 鄭議長は、大統領職に対する尊厳と権威は保護され尊重されるべきとの見方を示した。また、盧大統領の発言に国民が大きな衝撃を受けたのではないかと懸念を示した。「今の国内政治の状況に、惨めでもどかしい思いを禁じえない」と述べ、大統領の権威を保護すべき与党が大統領の権威を傷つけたことを批判した。



 盧大統領は28日の閣議で、任期中に職務を円滑に進めるため、さまざまな妥協と屈服が必要な場合は受け入れるとしたうえで、「ただ、途中退陣する初めての大統領にならないことを望む」と述べた。





Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.



2006年11月30日20時32分配信


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.