製造業は景気先行き悲観、業況指数が下落に転落

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
製造業は景気先行き悲観、業況指数が下落に転落
韓国銀行が30日に発表した11月の企業景気調査の結果によると、今月の製造業業況指数(BSI)は83で、前月に比べ3ポイント下がった。12月の業況見通しBSIも前月の92から86に下落しており、今後の景気を悲観的に見ている企業が多いことが分かった。

 BSIは100未満の場合、景気が良くないとみる企業が良いとする企業より多く、100を超えるとその逆を意味する。

 製造業のBSIは、3月の91から毎月下落を続け、8月には72まで下がった。9月は84、10月は86と持ち直したものの、2か月で再び下落に転じた。韓国銀行は、11月に入り、ウォン高ドル安が進み企業の間に収益性の悪化を懸念する心理が広がっていることが、体感景気指数下落の主な要因だと分析した。

 内訳をみると、大企業が前月比2ポイント下落の89、中小企業も3ポイント下落の80となった。輸出企業は89から88に、国内企業も84から81にと、すべての部門で下落している。

 一方、非製造業のBSIは前月より1ポイント上がり84、12月の見通しBSIも4ポイント上昇し89となっている。



Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006年11月30日9時54分配信


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.