がんの転移メカニズム、国内研究チームが解明

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
がんの転移メカニズム、国内研究チームが解明
延世大学のユク・チョンイン教授チームは30日、米ミシガン大学と国民健康保険公団一山病院の研究チームと共同で、「ウィント」と呼ばれるタンパク質が信号を送ると「ベータカテニン」「アクシン2」と呼ばれる遺伝子物質が活性化し、タンパク質「GSK-3」が抑制されがん細胞の転移が生じることを人間の細胞を使った実験で立証したと発表した。

 初期状態を過ぎると発生するがんの転移現象は、がん治療に最も大きな障害となっているが、この過程が実際に生命体の体内でどのような信号システムにより起きているかはまだ明らかになっていなかった。研究チームは今回確認された信号メカニズムを調整する方法について今後も研究を続けるとしている。

 ユク教授は「効果的な抑制策をいつ発表できるかについては断言し難いが、成功すればがん治療のあり方が変わるだろう」と話している。今回の研究結果は英国科学誌「ネイチャーセルバイオロジー」のサイトに掲載されている。



Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006/10/30 13:11配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
Blu-ray&DVD好評リリース中のドラマ「ボーイフレンド」、知れば知るほど、もっと愛しくなる&観たくなるトリビア公開!

「タクシー運転手」「1987、ある闘いの真実」「工作 黒金星と呼ばれた男」に続く衝撃の問題作! 「国家が破産する日」DVDが4月8日より発売

コワモテ怪力王マ・ドンソク×イケメン熱血漢キム・ヨングァン、前代未聞のバディが凶悪犯罪に立ち向かう『ザ・ソウルメイト』DVDが2020年3月4日に発売開始

「第71回さっぽろ雪まつり12thK-POP FESTIVAL2020」、キム・ジェファン、「NATURE」、「TOO」 3組の出演が決定

若手女優 チン・セヨン 来日ファンミーティング決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.