江原道、DMZのユネスコ世界遺産登録を推進

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
江原道、DMZのユネスコ世界遺産登録を推進
江原道は29日、非武装地帯(DMZ)を持続可能な生態環境として保存し世界的環境資源に育成するため、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産への登録を進める方針を明らかにした。DMZは長さ248キロメートル、面積907平方キロメートルで3つの市・道、15の市・郡・区にまたがり、65万6000人余りの住民が居住する。



 道は来年上半期に、DMZと近接地域の一般現況、生態、人文資源現況などについて調査を実施する計画だ。生物保全地域指定、湿地保全事業なども分析する方針で、国際的な自然保全地区指定に向けた戦略と発展方法などもまとめる考え。このほか、環境部、統一部、文化観光部、国防部、文化財庁など関係官庁と江原道、仁川市、京畿道と文化遺産登録共同協議会を立ち上げる考えだ。来年下半期にはDMZ内3市・道、民間、学界、軍と連携し、専門家ワークショップを開催するとともに、地元住民の意見も集めるとしている。



 世界文化遺産登録は、登録を求める地域の政府機関が暫定リストと申請書をユネスコ世界遺産センターに提出、書類審査と現地調査経て、世界遺産委員会総会で決定される。江原道関係者は、登録までには2年かかるとの見通しを示し、「北朝鮮との協議が必要なだけに解決すべき問題も多く、妥当性調査や専門家の意見に基づき綿密に推進する」と述べた。



Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006年9月29日13時27分配信

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.