製造業の体感景気持ち直す、6か月ぶり指数好転

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
製造業の体感景気持ち直す、6か月ぶり指数好転
韓国銀行が29日に発表した9月の企業景気調査結果によると、今月の製造業業況指数(BSI)は84で、前月より12ポイント上昇した。



 製造業のBSIは3月の91から毎月下落を続け、8月には72と、2004年12月以来20か月ぶりの低水準を示していた。これで6か月ぶりに上昇に転じたことになる。BSIは100を上回ると景気が「改善する」と回答した企業が「悪化する」と回答した企業より多く、100を下回るとその反対を意味する。



  部門別では、大企業が77から90に13ポイント、中小企業も69から80に11ポイント上げた。輸出企業は83から89に、非出企業も66から81と、それぞれ伸ばしている。



 韓国銀行関係者は、先ごろ原油価格が10%以上下落し半導体価格が上昇したのを受け、業況にも影響を及ぼしたものと分析した。自動車メーカーのストが8月に終わったことも1つの要因だとしている。



 10月のBSI見通しは90と、6ポイント上昇した。非製造業のBSIも80と、前月に比べ7ポイント上昇、10月の見通しも前月より5ポイント上げ84となった。



 調査対象となった企業が感じる経営上の問題点としては、国内消費の不振が19.7%で最も多く、次いで原材料価格の上昇が18.7%、為替レートの下落が13.1%、競争激化が10.5%、不確実な経済状況が8.3%などが続いた。



Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006年9月29日9時42分配信


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.