来年の輸出見通しを懸念、産業資源部政策本部長

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
来年の輸出見通しを懸念、産業資源部政策本部長
産業資源部の鄭俊石(チョン・ジュンソク)貿易投資政策本部長は31日、今年の輸出目標は達成できるが、来年は世界的な景気の影響で輸出は鈍化するとの見通しを示した。民放のラジオ番組に出演して述べたもので、経済協力開発機構(OECD)の景気先行総合指数が落ち込んでおり、主な外国投資銀行も世界経済成長率が今年の4.1%から来年には3.4%に低下すると予想するなど、来年の世界景気鈍化が懸念されると指摘した。

 こうしたことから、中小企業の為替変動保険の規模拡大や、保険料支援、海外市場マーケティング支援などの政策を推進していると説明した。また、原油価格の高騰が続いていることから、オイルマネーを持つ中東や北アフリカへのプラント輸出や情報技術(IT)輸出を拡大するなど、輸出市場の多角化戦略も強化している。

 今年の輸出見通しについては、昨年よりも1か月早く2000億ドルを突破したことから、11月末から12月初めにかけて3000億ドルを超え、年間では当初目標の3180億~3200億ドルを達成できるとの見方を示した。

Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006/08/31 09:56配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.