ソウル市内25区の地方税収、最大15倍の格差

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ソウル市内25区の地方税収、最大15倍の格差
ソウル市内25の区で地方税収で最大15倍の格差がついていることが分かった。不動産価格の不均衡な上昇が背景で、5年前の10倍に比べ格差は広がっている。

 企画予算処と行政自治部が9日に明らかにしたところによると、江南区の地方税収(財産税、免許税、事業所税)は今年の予算上2274億7000万ウォンで、25区のうち最も多かった。次いで瑞草区の1180億7000万ウォン、松坡区の915億6000万ウォン、中区の878億5000万ウォンなどが続いた。これに対し、江北区は149億4000万ウォンで最も少なかった。このほか、道峰区、中浪区、恩平区、衿川区も200億ウォンを下回った。江南区と江北区の格差は15.2倍で、2001年の10.1倍から大幅に広がった。

 5年前の地方税収(2001年予算案基準)と比較した税収増加率が最も高かったのは陽川区の130.6%、次いで瑞草区が68.8%、松坡区が66.0%、江南区が65.9%、江東区が63.4%などとなった。これに対し江北区は7.7%、恩平区は9.2%など、伸びが低かった。

 一方、人口1人当たりの税収は中区が67万6000ウォンで最も多く、江南区の42万1000ウォン、鍾路区の32万8000ウォン、瑞草区の29万4000ウォンなどが続いた。恩平区は4万ウォン、江北区は4万2000ウォン、中浪区は4万3000ウォンなど、5万ウォンに満たない区は5区に達した。

Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2006/08/09 10:55配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.