釜山APECの経済効果、4億5000万ドル以上

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
釜山APECの経済効果、4億5000万ドル以上
来月開かれる釜山アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の経済効果が4億5000万ドル(約4700億ウォン)を超える見通しだ。また、今回の会議を韓国の自由貿易協定(FTA)政策を展開するための足がかりとして、北朝鮮の改革と開放に利用しなければならないという主張がなされた。対外経済政策研究院(KIEP)の李景台(イ・ギョンテ)院長が28日、ソウル市内のホテルで開かれたAPEC政策セミナーで「2005年APEC首脳会議、韓国の戦略と活用案」をテーマにした発表で述べたもの。
 李院長は、今回の会議の経済的な効果が、▼会議出席者の支出経費で3000万ドル以上▼投資誘致効果で1億6620万ドル▼国内産業への波及効果で2億556万ドル――の合計4億5176万ドル以上になると推定している。また、「今回の会議に米国、中国、ロシア、日本など21カ国の首脳と企業の関係者、政府高官、メディア関係者など6000人余りが釜山を訪問する予定で、これらの人々の観光支出による観光産業の成長が期待できる」と述べた。さらに、首脳会議の開催で国の信用度やイメージがアップし、外国人の直接投資の流入も予想されるという。観光産業の売り上げ増加や外国人の直接投資の増加で、ほかの産業生産も伸びると分析した。


Copyright 2005(c) YONHAPNEWS. All rights reserved
2005年10月28日16時23分配信


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.