EUの北朝鮮人権決議案付託、韓国政府は模様眺め

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
EUの北朝鮮人権決議案付託、韓国政府は模様眺め
政府当局者は28日、欧州連合(EU)の北朝鮮人権決議案を国連人権委員会の総会に付託する動きと関連し「政府の立場を決める手続きはまだしていない」と明らかにした。この当局者は「決議案が総会に付託され、その後関連国間の協議を通じた修正段階を経て具体的に文言が確定すれば、関連官庁間の協議を通じて韓国政府の公式的な立場を決定することになるだろう」と説明した。
 EUは来月2日に北朝鮮人権決議案を上程するものとみられ、国連総会で採決を含め具体的な協議が進められるのは17日以降になると予想されている。政府は北朝鮮の人権問題に関連し、北朝鮮核問題の平和的解決と、南北間の信頼構築をバランスよく推進すべきだという点を考慮し、現在進行中の6カ国協議のプロセスも考慮しながら立場を決定するというのが基本方針だ。

 韓国政府は2003年に行われた北朝鮮人権決議案の採決には参加しておらず、2004年と2005年には棄権している。


Copyright 2005(c) YONHAPNEWS. All rights reserved
2005年10月28日16時22分配信


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.