国防費予測、2020年までに621兆ウォン

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
国防費予測、2020年までに621兆ウォン
国防部は27日、国防改革が行われる来年から2020年までに総額621兆ウォン(戦力投資費272兆ウォン、経常運営費349兆ウォン)の予算を要するとの見通しを明らかにした。国防部は先月13日に国防改革の予算を683兆ウォンと発表していたが、これより62兆ウォン減少した。
 このため国防費の増加率は、2006~2010年は年平均9.9%、その後2011~2015年は7.8%、2016~2020年には1.0%と段階的に減らしていく。国内総生産(GDP)を基準とすると、今年2.5%を占める国防費は、来年2.6%、2010年に2.9%、2015年に3.0%、2020年に2.3%となる。

 国防部は、韓国開発研究院(KDI)によるGDPや政府財政増加率など関連統計の見通しを用いて国防予算を推算したため、財源調達には大きな問題はないとの見方だ。

 年度別に国防費の増加推移を見ると、来年の22兆9000億ウォンに続き、2010年には33兆3000億ウォン、2015年には49兆3000億ウォン、2019年には54兆5000億ウォンと増加を続けた後、2020年には53兆3000億ウォンと減少に転じる。

 国防改革期間の経済成長率は、2006~2010年が年平均7.4%、2011~2015年が7.2%、2016~2020年が6.7%となる見通し。また、国防費が政府財政に占める割合も、2006~2010年が年平均16.7%、2011~2015年が18.2%、2016~2020年が15.8%となる見込み。

 国防部は当初683兆ウォンだった推定予算額を621兆ウォンに減らしたことについて、政府公務員の賃金引上げ率が停滞していることと、研究開発、支援戦力など細部の推計過程で差が出たためと説明している。しかし、国防改革に要する予算規模と財源確保案については、今後も論争が続くとの見方が強い。


Copyright 2005(c) YONHAPNEWS. All rights reserved
2005年10月27日21時41分配信


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.