「現状では厳しい」韓日首脳会談めぐり潘基文長官

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
「現状では厳しい」韓日首脳会談めぐり潘基文長官
日本を訪問している外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官は27日、町村信孝外相との会談で、12月に予定されている韓日首脳会談の開催について触れ「現状ではとても厳しい」とする否定的な見方を示した。
 外務省飯倉公館で行われた外相会談で、町村外相は12月の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の実務訪問を要請したが、潘長官は「盧大統領に報告したい」と述べるにとどまり、明確な回答を示さなかった。ただ、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の会期中の会談については、「議長国として全体のスケジュールを見ながら検討したい」との意向を示した。

 潘長官は小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「参拝は小泉首相の歴史認識を象徴するもので、戦争をしないとの決意で参拝したという言葉は、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されている点から合理化できない」とし、参拝中断を強く求めた。また、靖国参拝が過去に対する謝罪と反省を無効化させていると指摘した。

 靖国神社以外の別の追悼施設建設と関連しては、6月の韓日首脳会談で日本側が検討の意思を明らかにしただけに、具体的で積極的な措置を取るべきだとして小泉首相の決断を求めたが、町村外相は「国民と政界の意見が異なっており、最終的には首相が判断する問題だ」として確約はしなかった。

 一方、25日にハンセン病療養施設入所者らの補償をめぐる訴訟で、韓国人の訴訟は棄却し台湾人に補償を認めたのは異例のことと指摘し、日本政府に必要な措置を取るよう求め、町村外相は「基本的に司法の判断だが、政府としても対応を検討したい」との姿勢を見せた。


Copyright 2005(c) YONHAPNEWS. All rights reserved
2005年10月27日21時40分配信


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.