経済特区で英語を公用語に、政策試案を提示

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
経済特区で英語を公用語に、政策試案を提示
国際化と開放の時代を迎え、国民の外国語能力向上に向け、経済特区や国際自由都市で、英語を公用語に指定するとともに、小中高校で英語で授業を行うことなどが推進される見通しだ。
 韓国職業能力開発院の金ヒョンマン教授は20日、教育人的資源部と職業能力開発院が共同で実施した国家人的資源開発基本計画案の公聴会で、こうした内容を含む20の政策課題(試案)を発表した。政策課題は2006年から2010年までの5年間に推進していくもので、公聴会での意見を反映した後、投資計画や推進スケジュールを固め、来月末に人的資源開発会議での審議を経て確定する。

 試案によると、仁川、釜山・鎮海、光陽の経済特区と、国際自由都市の済州道で、英語を公用語として使用することが主要政策課題として提示された。どのような方式で導入されるかは具体化していないが、公共部門から導入される可能性が高い。特にこれらの地域の小中学校では2008年から多様な科目を外国語で教育することで、自然に外国語を身につけられるよう特別プログラムが実施される。これに合わせ、全国的に小中学校で意思疎通に主軸を置いた英語教育も実施していく。教育人的資源部は、外国語教育活性化に向けた5カ年計画をまとめる考えだ。


Copyright 2005(c) YONHAPNEWS. All rights reserved
2005/10/20 16:34配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.