潘基文長官「次回6カ国協議では挑戦と起伏」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
潘基文長官「次回6カ国協議では挑戦と起伏」
外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官は20日、第5回6カ国協議に関連し「関連国との間で次期協議の対策と、共同声明の履行案について話し合っている」と明らかにした。潘長官は、この日、内外の報道陣と駐韓外交使節などと行った懇談会で「次の協議は、共同声明の合意を基盤とし、『行動対行動』の原則に基づき、実質的で具体的な合意を導き出す段階。交渉過程では挑戦と起伏があるだろう」との見通しを示した。
 また「政府は、われわれの原則と立場に関する内部構想を基盤とし、関連国間との協議を通じ共同認識を拡大させることで、6カ国協議の進展のための枠組みがより具体化していくことを期待する。共同声明の合意内容をより具体化し、関連国との措置内容を『相互調整された措置』の原則に基づき合理的に連係することで、共同声明が包括的に履行されることを期待する」との立場を述べた。

 中国の李浜・北朝鮮核問題担当大使が18~20日北朝鮮を訪問したことについては「李大使は訪朝後、28日から30日まで韓国を訪問する予定だ。こうした参加国との一連の協議を通じ、協議進展のための対策と共同声明の履行案を検討していく」と述べた。リチャードソン・米ニューメキシコ州知事も、17日から19日まで訪朝した後、日本を経由し韓国を訪問する予定で、22日に会談し訪朝結果を聞く予定だという。

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議期間に行われる韓米首脳会談については、「11月17日に慶州で会い、韓米同盟の発展案、北朝鮮核問題、経済・通商協力の強化案など、共通関心事と主な懸案について協議する」との見通しを明らかにした。


Copyright 2005(c) YONHAPNEWS. All rights reserved
2005年10月20日16時30分配信


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.