警察庁長が竹島訪問した翌日、「独島大捷」追悼式開催=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
警察庁長が竹島訪問した翌日、「独島大捷」追悼式開催=韓国報道
警察庁長が竹島訪問した翌日、「独島大捷」追悼式開催=韓国(画像提供:wowkorea)

警察庁長が竹島訪問した翌日、「独島大捷」追悼式開催=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の国家報勲処が「独島(竹島の韓国名)大捷」から67年を迎え、19日午前11時、国立大田顕忠院で「独島義勇守備隊」の追悼式を開催した。

追悼式は毎年行われるが、ことしは日本政府がキム・チャンリョン(金昌龍)警察庁長の竹島訪問を理由に日米韓第9回外交次官協議会共同記者会見を拒否した状況の中で行われたため、注目が集まった。

6・25戦争(朝鮮戦争)終盤の混乱期だった1953年、日本の武装巡視船などが数回にわたり竹島に不法侵入した。このため、ホン・スンチルをはじめ参戦勇士ら33人が1953年4月20日に独島義勇守備隊を結成した。

独島大捷は1954年11月21日、竹島に上陸しようとした武装巡視船を独島義勇守備隊が阻止した戦闘である。

この戦闘は独島義勇守備隊が最も激しく戦い大勝した戦闘であり、日本が再び竹島を不法侵犯できないきっかけになったと国家報勲処は説明した。

独島義勇守備隊記念事業会は、小銃など劣悪な武器で日本武装巡視船2隻を退けたこの戦闘をイ・スンシン将軍の鳴梁大捷に例え、2013年に独島大捷として宣布した。

国家報勲処は「今後も独島義勇守備隊記念事業会の予算支援や広報などを通じて、独島守護のために献身した独島義勇守備隊および遺族の礼遇と名誉宣揚を高めることに最善を尽くす予定」と明らかにした。

これに先立ち今月17日(現地時間)、米ワシントンD.C.国務省でチェ・ジョンゴン外交部1次官、ウェンディ・R・シャーマン米国務部副長官、森武雄日本外務省事務次官は、日米韓第9次外交次官協議会を開いた。その後、共同記者会見を行う予定だったが、日本政府はキム庁長の竹島訪問を理由に出席を拒否した。
2021/11/19 17:41配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 79 最終更新:2021/11/20 00:03


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.