映画「ゴーストマスク〜傷〜」が「モントリオール世界映画祭」に正式出品=カン・ユンジが主題歌を担当

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
映画「ゴーストマスク〜傷〜」が「モントリオール世界映画祭」に正式出品=カン・ユンジが主題歌を担当
映画「ゴーストマスク〜傷〜」が「モントリオール世界映画祭」に正式出品=カン・ユンジが主題歌を担当
映画「ゴーストマスク〜傷〜」、「モントリオール世界映画祭」に正式出品=カン・ユンジが主題歌を担当(画像:オフィシャル)
 女優の茜ゆりか主演の映画「ゴーストマスク〜傷〜」が、来る23日カナダで開催される「第42回モントリオール世界映画祭」のフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定。あわせて海外用のビジュアル、予告編が解禁された。

 また主題歌「Beautiful」は、ソウル出身で日本でも活動するカン・ユンジが担当。同楽
映画「ゴーストマスク〜傷〜」が「モントリオール世界映画祭」に正式出品=カン・ユンジが主題歌を担当
主題歌「Beautiful」を歌うカン・ユンジ(画像:オフィシャル)

曲はiTunesで配信されている。

 本作は、ほぼ全編韓国語、韓国ロケによるサスペンス映画で、美しくなることによって人は幸せになることができるのかを問う、姉妹の「傷」と「絆」の物語。日本でかつて広く流布した都市伝説「口裂け女」と韓国の「美容整形」から着想された。日本での公開は来年を予定している。

 主演は長年に渡り「王様のブランチ」でリポーターとして活躍した茜ゆりか。出品に関して「モントリオール世界映画祭での正式招待をとても嬉しく思います。そして、この作品に出会えたこと、監督や俳優陣、スタッフへ感謝で胸がいっぱいです。日本の口裂け女がモントリオールでどう映るのか、どんな反応があるのか今からとても楽しみです」とコメントをよせた。

 共演者には「第35回ソウル演劇祭大賞」ほか6部門受賞演劇出演のイ・ユハ、広澤草、百合沙、そしてキム・ギドク監督作品「メビウス」主演を演じ「さよなら歌舞伎町」などで日本でも活躍するイ・ウヌらが名を連ねる。海外制作作品を多く手がけ、現在ヒット上映中の映画「カメラを止めるな! 」の撮影も担当した曽根剛が監督を務めた。

 「モントリオール世界映画祭」は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認、世界12大国際映画祭の一つで、1977年から開催されており、トロント国際映画祭と並び北米最大規模の映画祭である。日本からも毎年多くの作品が出品されており、昨年は浅野忠信主演「幼な子われらに生まれ」が審査員特別大賞を、一昨年は「たたら侍」が最優秀芸術賞を受賞している。

【キャスト・スタッフ】
出演:茜ゆりか イ・ユハ 百合沙 チェ・ヨナ 崎本実弥 片山享 キム・ジェロク アン・ソリ / イ・ウヌ / 広澤草
主題歌・作詞:カン・ユンジ 作曲:David Audet (jellifish)
脚本:平谷悦郎 プロデューサー:南姫妃子 エグゼクティブプロデューサー:チョ・フェオン 監督・撮影・編集:曽根剛

映画「ゴーストマスク〜傷〜」製作委員会
http://www.ghostmask.net/
2018年8月8日11時4分配信 (C)WoW!Korea

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.