ヒョリン(元SISTAR)、「Queendom2」で2次競演でも圧倒的1位…先輩の情熱が輝く

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ヒョリン(元SISTAR)、「Queendom2」で2次競演でも圧倒的1位…先輩の情熱が輝く
ヒョリン(元SISTAR)、「Queendom2」で2次競演でも圧倒的1位…先輩の情熱が輝く(画像提供:wowkorea)

ヒョリン(元SISTAR)、「Queendom2」で2次競演でも圧倒的1位…先輩の情熱が輝く(画像提供:wowkorea)

歌手ヒョリン(元SISTAR)が、1次競演に続いて2次競演でも圧倒的な実力で1位となった。

去る21日午後9時20分に放送されたMnet「Queendom2」では、ヒョリンが「カバー曲対決」で行われた2次競演で最後にパフォーマンスをし、1位を獲得する姿が描かれた。

この日ヒョリンは、カバー曲対決で2次競演の為に「今月の少女(LOONA)」の「So What」を選曲した。12人のメンバーがステージを満たす原曲と違い、一人でステージを埋めなければいけないヒョリンは、「『今月の少女』にプレゼントのようなステージをしてあげたい」とし、先輩としての覚悟を伝えた。

ステージコンセプトを「キャットウーマン」にしたヒョリンは、「今月の少女」を象徴する「LOONA」から着想を得て月の形のフープパフォーマンスまで計画するなど、原曲者への細かい配慮が見えた。ヒョリンはフープパフォーマンスでステージの開始から観客たちを圧倒し、ここに爽やかな歌唱力とパワフルなパフォーマンスが加わり、歴代級のステージを完成させた。

2次競演が終わり、皆の絶賛の中でヒョリンは自己評価点数1000点、グローバル評価団点数3000点、現場評価団点数6000点とすべて満点を記録し、今一度1位を獲得した。ステージが公開された直後、「ヒョリン ステージ」という言葉はTwitterトレンドの上位圏となり、「トップパフォーマー」ヒョリンの底力を立証した。これ以外にもMnet公式YouTubeチャンネルで公開された「So What」フルバージョン映像は22日基準で人気急上昇動画2位を記録し、熱い人気を実感させている。

これに先立ちヒョリンは、「代表曲対決」だった1次競演で「SISTAR」の「Touch My Body」でも全て満点を記録し1位となった。

ソロアーティストであるヒョリンは、アイドルグループとファンダムの規模での差異を無視できない状況だ。そのため「Queendom2」初放送前から1位は難しいのではないかという予測があったが、経験による実力とステージ演出力がその差を埋めた。ヒョリンは1次、2次競演の準備から直接小道具を購入するなど、情熱的な姿が見られた。デビュー13年目であってもステージに向ける真心と努力が通じた様子だ。

2次競演まで終えた中、ヒョリンが次のステージではどんな演出とパフォーマンスで視聴者を捕らえるのか、注目されている。
ヒョリン(元SISTAR)(画像提供:wowkorea)

ヒョリン(元SISTAR)(画像提供:wowkorea)

2022/04/23 15:57配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 71 最終更新:2022/04/23 19:45


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.