イ・ムジン、「韓国ゴールデンディスク・アワード」で本賞を受賞…特別な存在感

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
イ・ムジン、「韓国ゴールデンディスク・アワード」で本賞を受賞…特別な存在感
イ・ムジン、「韓国ゴールデンディスク・アワード」で本賞を受賞…特別な存在感(画像提供:wowkorea)

イ・ムジン、「韓国ゴールデンディスク・アワード」で本賞を受賞…特別な存在感(画像提供:wowkorea)

歌手イ・ムジンが「韓国ゴールデンディスク・アワード」で存在感を見せつけた。

イ・ムジンは8日に開催された「第36回ゴールデンディスク・アワード」に出演し、5月発売した「Traffic light」でデジタル音源部門本賞を受賞した。家族と話すようなパフォーマンスで登場したイ・ムジンは、「今日、この賞を受賞するまで僕を信じて応援してくれたLimo(ファンの呼び名)の皆さんに感謝します。また、先ほど電話した家族にも本当に感謝しています。愛しています」とスピーチした。

続いて「朝のリハーサルをしている時にイ・スンギ先輩からのメッセージを受け取りました。受賞のスピーチに必ず自分の名前を呼んでほしいという内容でした。イ・スンギ先輩には本当に感謝しています」とセンスあふれるコメントをした。そして最後に「これからもっとカッコいい歌手になります」と抱負を語った。

この日のイ・ムジンは、ぴょんぴょん跳ねる個性的なスペシャルステージで視聴者たちの注目を集めた。特に課題が多すぎて苦労している大学生たちの心情を率直につづった「課題曲」をライブで披露した。イ・ムジンは歌詞にぴったりの表情を見せて「リアル大学生」の哀歓を表わすかと思えば、手のひらに書かれた「教授、見ていますよね?」という愛きょうのある教授へのメッセージを見せたりもした。

栄えある賞を授けてくれた「Traffic light」も続けて歌ったイ・ムジンは独特な声色とゆったりとしたパフォーマンスで視聴者にすてきな音楽をプレゼントした。

「Traffic light」はイ・ムジンの初の自作曲で、社会人1年生を若葉マークのドライバーに例えた歌詞で、成人した若者たちにとってヒーリングとなる曲だ。若者たちの悩みを歌に込めて同世代からの共感を得たこの曲は、発売から3か月で音源チャートのトップとなり「逆走神話」を達成した。

「Traffic light」に続いて「課題曲」、「Rain and You」、「Fall in Fall」、「When it snows」などリリースするたびに音源チャートの上位を占め、昨年「音源強者」として格別な存在感を見せつけた。
2022/01/09 20:08配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 91 最終更新:2022/01/10 07:48


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.