「SHINee」、「Mカ」で1位獲得…「あなたの空席は大きい、会いたくて恋しい」と故ジョンヒョンさんへのメッセージ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「SHINee」、「Mカ」で1位獲得…「あなたの空席は大きい、会いたくて恋しい」と故ジョンヒョンさんへのメッセージ
「SHINee」、「Mカ」で1位獲得…「あなたの空席は大きい、会いたくて恋しい」と故ジョンヒョンさんへのメッセージ

「SHINee」、「Mカ」で1位獲得…「あなたの空席は大きい、会いたくて恋しい」と故ジョンヒョンさんへのメッセージ(画像提供:wowkorea)

音楽番組「M COUNTDOWN」で700回特集が組まれた中、ボーイズグループ「SHINee」が1位の主人公になった。

4日に放送されたMnetの音楽番組「M COUNTDOWN」の700回特集が電波に乗った。

同日、3月第1週目の1位候補にグローバルK-POPスターのカン・ダニエルと「SHINee」が上った中、歌手たちのステージが繰り広げられた。特に700回を迎えただけに、初公開のパフォーマンスが続くだろうと語られ注目を浴びた。Rain(ピ)やチョンハのカムバックステージに続いて「iKON」まで期待に包まれた。

ソン・ガインはドラマ「愛の不時着」のOST「Photo of My Mind」のステージを初公開し、ラグジュアリーなドレス姿で壮大ながらも落ち着いたステージを飾った。ソン・ガインのボーカルが盛り込まれたOSTは放送終了後にも地道な根強い人気を集めている。

そしてCheetahのステージも初公開された。CheetahはJamieがフィーチャリングした新曲「Villain」を披露した。オールブラックのコーディネーターでステージの上に登場したCheetahは、カリスマを爆発し、他の追随を許さない圧倒的なオーラを誇った。破格的なスタイリングにも関わらず、Cheetahゆえに消化できる姿だった。

新曲「Villain」は自由を抑圧され、個性のない人生を強いられながらつらい時期を送っている人々のために“自分が代わりにVillainになって悪を打ち破り闘うから、諦めたり恐れずに素直に堂々と自分だけの色で生きていけ”というメッセージを伝えるヒップホップをベースにしてポップジャンルのトラック。

次は初公開されるカムバックステージが続いた。「VERIVERY」がまず新曲「GET AWAY」でパワフルなパフォーマンスを繰り広げた。

タイトル曲「GET AWAY」はリリース当日、iTunesのK-POPチャートはもちろん、ゼネラルチャートでモンゴルやインドでの1位をはじめに、アメリカ、イギリス、オーストラリア、マレーシア、ロシア、タイ、ブルガリア、香港、インドネシア、フィリピンまで計10の国家で「TOP10」にチャートインし影響力を立証した。

「ATEEZ」は新曲「Celebrate」のステージを飾った。花びらのパフォーマンスを繰り広げ、ハツラツとしながらも活気あふれるステージを作り上げた。そしてタイトル曲「I’m The One」を公開し、180度異なる雰囲気を誇り、カリスマあふれる男性美を爆発させた。

トラップビートの中でEDMのリズムが際立つこの楽曲は、メンバーたちのエネルギーあふれるボーカルを通じて「ATEEZ」だけの“粋”が何なのかをそのまま盛り込んだ楽曲。世の中に向かって突き進むメンバーたちのパワフルなエネルギーを感じることができる。

「iKON」も5年ぶりに完全体でカムバックした。「iKON」は成熟した美しさが色濃く感じられる別れの感性を伝える新曲「Why Why Why」を公開し、切なさと強烈さを行き来するステージを飾った。

叙情的な音楽はもちろん、“パフォーマンスの強者”らしい彼らの完ぺきなダンスの表現力は、詩的な歌詞と相まって長い余韻を添えた。「iKON」の「Why Why Why」は美しく咲き、枯れて消える花のように、結局終わることになった愛に関する楽曲。

ソンミは新曲「TAIL」でキャットウーマンに変身し、破格的なステージでガールクラッシュを思い通りにアピールした。さらに魅惑的なスタイリングはもちろん、口元にジュエリーを付けたポイントメイクで繊細な魅力を伝え注目を浴びた。

破格的なパフォーマンスでファンたちの熱い反響を得ている「TAIL」は、ビヨンセやジェニファー・ロペスのダンサーであり振付師として活動しているJanelle Ginestraが振り付けを担当し、ソンミと長いタッグを誇るダンスチーム“AURA”がディテールをプラスさせた。

新曲「TAIL」は繊細ながらも素早い猫の特性を積極的にかつ本能的に、堂々とした女性の愛になぞらえて表現した楽曲で、強烈なサウンドの上に独特なギターリフ、一風変わったリズム感とキャッチーなメロディが特徴。

1位候補の「SHINee」の7thアルバムに収録された新曲「Don’t Call Me」のステージも公開された。「SHINee」ならではのずば抜けて秀でた雰囲気が印象的なビジュアルはもちろん、幻想的なキレのあるダンスまでその名に恥じないステージを飾った。2年6か月のブランクが色あせるほどに完ぺきなパフォーマンスを見せた「SHINee」の屈強なパワーを改めて確認させてくれた。

タイトル曲「Don’t Call Me」はシグニチャー・ヴォコーダー・サウンドの上に強烈な808ベースとシンセサウンド、サンプリングされたボーカルソースが調和したヒップホップメースのダンスナンバーで、ヒップホップダンスジャンルに初めて挑戦した「SHINee」は、ヒステリーな感情を表現したボーカルと高難度のパフォーマンスで、見て聴く楽しみをプラスさせた。

Rain(ピ)とチョンハのコラボが際立つ新曲「WHY DON’T WE」のステージも初公開された。韓国を代表するダンサーである2人のシナジーが爆発したステージが、ファンたちの関心を寄せた。

Rain(ピ)の今回のタイトル曲「WHY DON’T WE (Feat.チョンハ)」は、プログレッシブ・ハウスとR&Bトップラインの融合で、2021年型音楽の極みを見せてくれる楽曲。イントロのストリングスを利用したスタッカート奏法の演奏から、サビに流れるハウスベースのグリッチ捨ているのシンセサイザーサウンドは、クラシックからエレクトロミュージックまで、幅広い音楽的スペクトルを盛り込んでいる。

この他にも「CIX」、「Golden Child」、「ONF」、「ONEUS」、バンド「N.Flying」リーダーのイ・スンヒョプなどが出演した、待望の700回のトロフィーを主人公として「SHINee」が1位を獲得した。「SHINee」は「誰よりも愛してくれるSHINee WORLD(ファンクラブ名)、久しぶりにアルバムを準備したにもかかわらず、愛してくださってありがとうございます」と感想を伝えた。

特にメンバーのキーは「ずっと言えなかった言葉がある。最近会いたくて恋しい人の空席が大きい」と、故ジョンヒョンさんについて言及し、「本当に愛しているという言葉を伝えたい」と伝え、胸を熱くさせた。
2021/03/04 21:09配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 最終更新:2021/03/12 11:55



この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング

韓流ショップ 一覧>
500円
Dr.VITAビタミンハンド...
2,500円
Dr.VITA-Eクリーム(...
2,500円
Dr.VITA-Bクリーム(...
2,500円
Dr.VITA-Aクリーム(...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
藤原竜也×竹内涼真主演!極限のノンストップ・サスペンス「太陽は動かない」の鍵を握る、プロデューサー陣も絶賛の実力派俳優ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンの魅力とは!?

「WEi」(ウィーアイ)日本上陸!ニューアルバム「IDENTITY : Challenge」3/5(金)リリース決定!~近日中に予約開始!購入者特典オンラインイベント開催~

Qoo10、「BIG4トロットオンラインコンサート」チケットを2月3日(水)まで国内独占発売中!

Qoo10、ABEMAの新番組「Qosmetic 8」公式のメイクアップ特集コーナーをオープン

今こそ出逢いたかった情熱エンターテイメント!Netflix「梨泰院クラス」イ・ジュヨン主演最新作「野球少女」の最速オンライン試写会プレゼント

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.