SMイ・スマン代表、「J.Y.Parkが羨ましい…」と思った理由は?「ユンホ(東方神起)が僕を“父さん”と呼ぶ」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
SMイ・スマン代表、「J.Y.Parkが羨ましい…」と思った理由は?「ユンホ(東方神起)が僕を“父さん”と呼ぶ」
イ・スマン代表、「J.Y.Parkが羨ましい…」と思った理由は? 「ユンホ(東方神起)が僕を“父さん”と呼ぶ」(画像提供:wowkorea)

イ・スマン代表、「J.Y.Parkが羨ましい…」と思った理由は? 「ユンホ(東方神起)が僕を“父さん”と呼ぶ」(画像提供:wowkorea)

時事教養番組「月刊コネクト(Monthly Connect)」でSMエンタテインメントの創業者イ・スマン氏が、“JYP”と呼ばれるJ.Y.Park(パク・チニョン)の呼称を羨望した。

今月1日午後に韓国で放送されたtvN時事教養番組「月刊コネクト」では、SMのイ・スマン総括プロデューサーが非対面インタビューに応じた。

同日イ・スマンは「トレンドを逃さないための努力にはどんなものがあるのか?」という質問をされた。彼は「僕が年を少し取ってからエンターテインメント事業を始めた」と口を開いた。

イ・スマンは続けて「J.Y.ParkもRain(ピ)という立派な歌手を作ったが、Rain(ピ)が登場してJ.Y.Parkに『ヒョン(お兄さんを意味する言葉)』と呼ぶのが羨ましかった。それが本当に羨ましい」と率直に打ち明け、笑いを醸し出した。

イ・スマンは「僕がJ.Y.Parkに会って本当に羨ましくなった。僕は年が上だからか、所属アーティストたちが『ヒョン』と呼ばない。その上ユンホ(東方神起)からは『父さん! 』と呼ばれている」とし、「父親も名誉があり尊敬される呼称のようだが、“とても年を取っている。僕たちの世代ではない”というメッセージを伝えているようだ」と述べ、笑いを誘った。

彼は「新しいものが誕生させようとすると、どうしても僕が年を取っているので、若い世代とコミュニケーションが必要なようだ。それでハロウィンパーティーも開き、楽しいことやコミュニケーションの時間を設けようと努力している」と明かし注目を浴びた。
2021/02/02 01:00配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 95 最終更新:2021/02/13 23:40



この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.