「BTS(防弾少年団)」SUGA、肩の手術後の近況「だいぶ良くなった、早く回復する」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「BTS(防弾少年団)」SUGA、肩の手術後の近況「だいぶ良くなった、早く回復する」
「BTS(防弾少年団)」SUGA、肩の手術後の近況「だいぶ良くなった、早く回復する」

「BTS(防弾少年団)」SUGA、肩の手術後の近況「だいぶ良くなった、早く回復する」 (画像提供:wowkorea)

韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」のSUGAが、肩の手術後の近況を伝えた。

SUGAは21日午後、ポータルサイトネイバーVライブを通じてライブ放送を行った。

SUGAは、最近左の肩の部分の破裂した関節を縫合する手術を受け、現在公式活動に参加せず、回復に集中している。

SUGAは、肩を心配するファンたちの言葉に「だいぶ良くなった。今はほとんど痛みはない。手術して3日は本当に痛い。あまり眠れなかった。今は寝るのに大きく問題はない」とし、「最近、英語の勉強を熱心にしている。曲の作業もしている」と近況を明らかにした。

SUGAは、肩の手術を決心した理由に「事故の後遺症だと思っていた。雨が降るとズキズキするので事故したからかなと思っていたら、時間が過ぎるほどひどくなった」と、「手術をしないようにと思っていたが、決心をした瞬間があった。広告を撮る時にサイダー500mlを左手で持てそうになかった。とても痛くて。ずっとこうやって暮らしていけるのかと思った。昨年から年明けまで運動を一生懸命した。肩があまりに良くないのでピラティスエクササイズの治療も行っていた公演がないときは大丈夫だが、公演をすると調子が悪くなった」と説明した。

また、1番辛いことは何かという質問に「とても一日が長い。やはり人は仕事をしなければならない」とし、「もともと僕のスケジュールは毎日あったから。最近は何をしようか。一日を最大限に過ごすには何をすべきか。このようなことを考える」と答えた。

またSUGAは20日に発売され、全世界的に大きな人気を集めている新しいアルバム「BE」に関しても、「小作品集という感じで、作業していたアルバムだ。インパクトのある曲ではなく、静かに長く聞くことができる曲」と愛情を表した。

最後にSUGAは、「私も早く回復する。そんなに心配な状況ではない」とし「『BE』のアルバムをたくさん愛してほしい。すぐ戻ってくる」とファンに挨拶を伝えた。

一方、「BTS」のタイトル曲「Life Goes On」は、感性的なアコースティックギターサウンドが特徴的なオルタナティブヒップホップジャンルの曲で、懸命に走るが立ち止まるしかない状況に遭遇しても「それでも人生は続いていく」という慰労のメッセージを含んでいる。
2020/11/21 16:25配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.