女優ク・ヘソン、「富川国際アニメーション映画祭」審査委員に選定

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
女優ク・ヘソン、「富川国際アニメーション映画祭」審査委員に選定
女優ク・ヘソン、「富川国際アニメーション映画祭」審査委員に選定

女優ク・ヘソン、「富川国際アニメーション映画祭」審査委員に選定(画像提供:wowkorea)

韓国女優兼監督のク・ヘソンがアカデミー公式指定国際映画祭、「第22回富川国際アニメーション映画祭」(以下、BIAF2020)に長編コンペティション審査委員として参加することがわかった。

 ク・ヘソンは女優だけでなく、監督やシナリオ作家として活発に活動してきた。2008年初の短編映画「愉快なお手伝い」をお披露目し、絶えず自分ならではの作品世界を築き上げ、3編の長編映画と5編の短編映画を演出した。

 イラストフィクション「桃の木」をはじめとする作品を通じて、作家としても活動し、最近はエッセイ「私はあなたのペット」を出版した。画家としてはことし5月「航海‐もう一度」の展示会を開いたりもした。一方、ミュージシャンとして直接作詞・作曲を務めた多数のアルバムを発表し、来る9月2日にはピアノニューエイジアルバム「息3」の発売を控えている。

 特にク・ヘソンは短編演出作で自身のペルソナといえる女優ソ・ヒョンジンと持続的に作業しており、監督や主演を兼ねた長編映画「Daughter」では、映画「パラサイト 半地下の家族」でアカデミー脚本賞を受賞したハン・ジンウォン作家とコラボレーションし、「パラサイト 半地下の家族」ダへ役演じた女優チョン・ジソを自分の幼少時代の役にキャスティングしたりもした。

 「BIAF2020」側は「すぐれた才能を発見することに特別な眼目を持ったク・ヘソン監督であるため、BIAF長編審査でもク・ヘソン監督の選択に期待が集まるとみられる」と伝えた。

 一方、ク・ヘソンが審査することになる「BIAF2020」長編選定作は来る9月「BIAF」記者会見で発表される。「BIAF2020」は10月23日(金)から10月27日(火)まで開催される。

2020/09/01 09:42配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.