≪韓国ドラマNOW≫「サイコだけど大丈夫」13話、ソ・イェジがキム・スヒョンの母を殺した犯人に衝撃

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「サイコだけど大丈夫」13話、ソ・イェジがキム・スヒョンの母を殺した犯人に衝撃
≪韓国ドラマNOW≫「サイコだけど大丈夫」13話、ソ・イェジがキム・スヒョンの母を殺した犯人に衝撃

≪韓国ドラマNOW≫「サイコだけど大丈夫」13話、ソ・イェジがキム・スヒョンの母を殺した犯人に衝撃(提供:OSEN)

 ※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 1日に放送されたtvNの土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」ではコ・ムンヨン(ソ・イェジ)が、全ての事実を知って衝撃を受け、彼女の母親がパク・ヘンジャ(チャン・ヨンナム)だという事実が明らかになった。

この日、ムン・ガンテ(キム・スヒョン)は自身の母親を殺害した人物がコ・ムンヨンの母親だという事実を知り、衝撃に陥った。ムン・ガンテはこの事実をコ・ムンヨンが知らなかったら良いと話し、オ・ジワン(キム・チャンワン)の前で嗚咽した。翌日、ムン・サンテ(オ・ジョンセ)、コ・ムンヨンと家族写真の撮影に行くことを約束していたが、行かなかった。

しかし、ムン・ガンテはコ・ムンヨンが残した「あなたがくれたマンテのおかげで、私は悪夢を見ない。あなた、お兄さん、マンテ。私にこんな家族が出来てとても嬉しい」と残したメモを読んで心を変え、撮影現場に現れた。コ・ムンヨンとムン・サンテはムン・ガンテを見て幸せそうにしており、ムン・ガンテも「まだ遅くないでしょ?」と微笑えんだ。

ムン・サンテはスーツを着たムン・ガンテを見て、「すごくかっこいい」と言い、コ・ムンヨンは「来なかったら合成しようとしたのに」と話して喜びを隠せず、3人は楽しく家族写真を撮った。

写真を撮った後、3人は美術図書館に向かった。そこでユ・スンジェ(パク・ジンジュ)に会い、ユ・スンジェはスーツを着たムン・ガンテを見て格好いいと感嘆した。これにコ・ムンヨンはムン・ガンテに「あなた、もうスーツ着ないで。看護服がより良く似合う」と嫉妬した。

ユ・スンジェはムン・サンテに自分の意見を話して、ムン・サンテは遠慮すると拒絶した。断固としたこの姿にユ・スンジェは「かっこいい」と独り言を言った。

コ・ムンヨンはムン・ガンテに「あなたが春の日の晴れだと。あなたは絶対に中を見せてくれなくて、1人でくよくよする子だと。あなたが一体何のせいで腹を立てたのか聞いてみようと思って呼んだ。弾丸のように飛んできたなあ。もっと知ろうとしないでって。そして閉じることにした。もう一つも気にならない」と淡々と話した。

これにムン・ガンテは「僕は誰かを守り保護することに疲れた。そうやって生まれて無理にすることだった。もうそれではなく、これからは僕の目標として見ようと。家族を命がけで守ることはとても素敵なようだ。誰でも触れれば、絶対にただではおかない。奪われたら見つけるまで追う。僕が守り抜く。必ず」と答えた。

すると、コ・ムンヨンは「その家族に私もいるの?」と聞き、ムン・ガンテはコ・ムンヨンの手を握って「家族写真を撮ったら、家族でしょ」と微笑えんだ。コ・ムンヨンもやはり目頭を熱くしながら笑みを浮かべた。家に帰ってきたコ・ムンヨンは家族写真をかける所を説明し、「ついでにリモデリングしようか。男2人の部屋も狭くて…あなたは私と併合して」と話した。

これにムン・ガンテはコ・ムンヨンに「僕が他の所に行って暮らそうと言えば行く?行くだろう」と聞き、コ・ムンヨンは「お兄さんがまた蝶の夢を見る時になったのか。心配しないで。私がぱっと蝶を捕まえてあげる」と答えた。すると、ムン・ガンテはコ・ムンヨンを抱き締めて、「そんなんじゃない。もし、蝶が現れても絶対に殺さないで。君はそうしなければならない。僕がまた、怖気づいて逃げられるじゃないか」と、淡々と話した。

コ・ムンヨンは「私がぱっとついて行って脚を折らなきゃ」と言い、ムン・ガンテは「逃げないよ」と答えた。これにコ・ムンヨンは約束の印を押し、ムン・ガンテに唇を重ねた。

以後、病院に出勤したムン・ガンテはオ・ジワンにムン・サンテが受け取ったメッセージを見せてあげた。さらに、「誰かが渡した可能性もある」と話した。これにオ・ジワンは「病院で起こる変な感じがこれのせいか。病院の人たちを誰も信じないで。僕も。当分の間、お兄さんをよく見て」と答えた。

これにムン・ガンテはムン・サンテに見知らぬ人に気をつけてと話したところ、コ・ムンヨンにも連絡して「扉をちゃんと閉めたか。むやみにドアを開けてあげないで」と心配し、コ・ムンヨンは「心配してくれることがとても嬉しい」と、幸せに感じた。

一方、コ・デファン(イ・オル)は状態が悪化し、パク・ヘンジャはこの事実をムン・ガンテに知らせた。これにムン・ガンテはコ・ムンヨンにコ・デファンの状態を伝え、コ・ムンヨンは「知っている。院長から聞いた。なぜ皆は死ぬ時に免罪符を受けようとするんだ」と文句を言った。

「君は辛くない自信があるのか。王様の耳はロバの耳。言葉を打ち明けて臆病が出ないとこれからお父さんに話す機会がない」と話した。これにコ・ムンヨンは「言うべき言葉も後悔する言葉もない」と断言した。

コ・ムンヨンは考えに浸り、ナム・ジュリに連絡して「王様の耳はロバの耳…これを言おうと呼んだ。もし私の父の下で君が生きて、私があなたのお母さんの下で生きていたら、ちょっと変わったのだろうか」と聞き、ナム・ジュリは「君はもう死んだ。礼儀がなくて」と答え、コ・ムンヨンが大きく笑った。

コ・ムンヨンは「私はお母さんがとても怖かった。みんな私のそばに来なかったが、その子だけ私を訪ねて来た。その子と逃げようと思ったが、母が遮った。お父さんは私が母のやり方で育てられている時、たった一度童話の本を読んでくれた。ところで私はそのたった一度の記憶が消せない」と本音を打ち明けた。

その時刻、パク・ヘンジャはコ・デファンを尋ねた。コ・デファンはそんなパク・ヘンジャに「私があまりにも大きな罪を犯した。ところが、許しを求める人がない」と述べ、パク・ヘンジャがコ・デファンの手を握った。これにコ・デファンは「私が妻を殺した。あの女は人を殺しておきながら鼻歌を歌った」と、過去を回想した。

過去のコ・デファンは殺人事件のニュースに接し、何か変な感じがしてコ・ムンヨンの母親に「新しく見つけたおばさん、今日は何故来ないのか。君が殺したのか」と尋ねた。これにコ・ムンヨンの母親は「そうなぜ生意気に振る舞うの。心配しないで。誰も知らない」と笑い、コ・デファンは「私の娘が君に似て怪物になりかねない」と言った。2階の手すりからコ・ムンヨンの母親を落として、死んだ母親を貯水池に捨てた。

コ・デファンは「私があの女を殺した時に…ムンヨンがその全てを見た。幼いものが全て見てしまった。ムンヨンは全て知っている」と涙を流した。その時、そこを通りかかったムン・ガンテがこの内容を聞き、ムン・ガンテは「だからムンヨンも殺すつもりだったのか」と尋ねた。これにコ・デファンは「ムンヨンも母親のように怪物になるんじゃないか。怖くてそうした。あの子には罪がない。私が罪人だ」と答えた。

コ・デファンの病室から出たパク・ヘンジャはムン・ガンテに「あんなことを経験しながらもコ先生はよく大きくなったね」と話した。翌日、コ・デファンは息を引き取った。コ・ムンヨンはムン・ガンテ、ムン・サンテと共に父親を送って家に帰ってきた。

家に来たコ・ムンヨンはムン・ガンテに「私、この家を売ろうか、何でも新しく始めたい。この家を売って、イ代表の出版社を作ってあげて、残りのお金でキャンピングカーを買って。目的地なしで遊びに行こう」と話した。これにムン・ガンテは「お金を使うついでに君が僕を食べさせて」と話した。

すると、コ・ムンヨンは「ヒモ男のコスプレだ。本当にあなたが望むことを言ってみて」と聞き、ムン・ガンテは「学校に通いたい」と答えた。さらに、コ・ムンヨンに「君は何で童話作家になったの」と尋ねた。

コ・ムンヨンは「童話の世界をよく知っているから。私は父が作ってくれたこの城で、本当にお姫様だった。もともとお姫様たちの人生はみんな大変だ。エンディングだけ好き」と苦々しく語った。すると、ムン・ガンテは「エンディングが良ければ全て良いんだ」と慰めた。

翌日、3人は病院に出勤した。患者たちがムン・サンテを歓迎しながら、「ついに扉を見つけたね」と、絵の完成を祝った。絵を見たムン・サンテは蝶の模様を見て「あれは僕が描いたのじゃないのに。あれはお母さんを殺したおばさんの蝶だ。あの蝶がどうしてあそこにあるのか。あの蝶がお母さんを殺したのに」と言い、不安がった。

ムン・サンテの言葉に衝撃を受けたコ・ムンヨンは自身の母親を思い出して、ムン・ガンテに「どうか違うと言って」と慌てて席を離れた。絵を描いた人物は他ならぬパク・ヘンジャで、コ・ムンヨンの母親だった。
2020/08/02 00:31配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.