SUHO(EXO)、ソロデビュー曲「Let’s Love」で見せたボーカリストとしての力量

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
SUHO(EXO)、ソロデビュー曲「Let’s Love」で見せたボーカリストとしての力量
SUHO(EXO)、ソロデビュー曲「Let’s Love」で見せたボーカリストとしての力量

SUHO(EXO)、ソロデビュー曲「Let’s Love」で見せたボーカリストとしての力量(提供:News1)

韓国男性グループ「EXO」のSUHOが、初のソロ曲「Let’s Love」でSUHOにしか出せない甘い音楽の世界を作り上げた。彼はこの曲でボーカリストとして自身の力量を思う存分発揮した。

30日午後6時、各種音源サイトでSUHOの1stソロミニアルバム「Self-Portrait」の全収録曲が公開された。タイトル曲の「Let’s Love」と幻想的なアコースティックポップ曲「O2」、切ないファンソング「Made In You」、別れた恋人への恋しさを歌ったロックバラード「Starry Night」、自画像の自分の姿を愛してくれていた人の跡を感じて思い出に浸る曲「Self-Portrait」、ユンナがフィーチャリングしたヒーリングソング「For You Now」の全6曲が収録されている。

「Let’s Love」はモダンロックジャンルの曲で叙情的でありながら、落ち着いたバンドセッションの演奏に、SUHOの甘い声を載せた曲だ。この曲では“ボーカリストSUHO”の強みを全面に押し出した。明るいSUHOの歌声は曲全体をスッキリとまとめている。彼は高音も自然に歌い上げ、「Let’s Love」の雰囲気をより高めている。

SUHOは「Let’s Love」の作詞にも参加した。心の傷や苦しみが多く“恋をするのに問題を抱えた”主人公が、ある人に出会ってときめきを感じ、再び新しい恋に踏み出し、相手に“恋をしよう”と語りかける姿を歌っており、ふたつの意味を持った表現が印象的だ。特に「Let’s Love」というタイトルは「EXO」の掛け声から発想したもので、グループに対するSUHOの愛情が垣間見られる。

これまで「EXO」のリードボーカルとして多様な曲を歌いあげ、力をつけてきたSUHOの新曲「Let’s Love」で自身の歌声を存分に発揮した。クリアな音色でリスナーを引きつける導入部から、静かな歌声へと続いていく中盤部、曲のクライマックスの高音まで、彼のボーカル自体が曲の完成度を高めている。グループのリードボーカルとして見せてきたものとは、また違う魅力を感じさせてくれている。

SUHOは新曲の公開に先立って公開された一問一答でニューアルバムに関して「叙情的で感傷的な、より僕個人についてのストーリーをアルバムに詰めこんで、正直に表現しようと思った」と語っていた。「EXO」のSUHOとは全く違う雰囲気で帰ってきた“ソロ歌手”SUHOの歌がリスナーの心をつかむのか、期待が集まっている。
2020/03/30 19:19配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.